スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


受けてきた。

会場は桃山学院大学。

2度目のセンター試験、簿記3級を受けたときの会場で今のところ自分にとって縁起の良い会場だった。


しかし、終わった瞬間に訪れたのは充実感でもなんでもなく、悲壮感ばかりだった。。


民法の例年にない鬼のような難しさに試験中に何度、泣きそうになったことか‥(笑


それでも業法や法令上の制限は平年に比べてかなり易しく感じたので、そこをとりこぼしたら負けだとかなり気合を入れた。


2時間の試験時間をフルに使い、終わった後は完全に民法の正答率しだいで落っこちるという恐怖が襲ってきた。。

帰り道は腐った廃人のごとく家路についた。


そして2時間も待たされた挙句、解答速報!!





キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!





って感じでマークミスがなければ8割以上の点を確保!

廃人からの目覚め。覚醒して急に明るくなった(笑


ようやく肩の荷がおりた‥。これで気分も晴れ晴れ。これからは卒論か。。。とまた鬱な日々が始まると思うとやってらんないけど、とりあえずゆっくりしたいと思います。。


P.S.今まで応援してくれたみんなにはホンマに感謝でいっぱいです。夜中に愚痴とか聞いてくれた友人やミクシーでの励ましのコメントは本当に勇気づけられました。ホンマにありがとう!!(泣


スポンサーサイト

明日が来る

いつも味わう前日の焦燥感…。
明日は年に1度の宅建の試験日です。


・ピアノのコンクールの前日
・高校受験の前日
・センター試験の前日
・2次試験の前日
・資格試験(簿記3・2・1級)の前日


なんど味わっても楽しめない、そして余裕なフリをしようとすればするほど不安が押し寄せてくるのが「前日」というキーワード。いい加減、慣れてもいいのに…。

「模試と同じ感覚で受ければいい!!」と自分に毎回言い聞かせる。でも…。


話は変わり、勝って当たり前という試合に挑む時ほど、この「前日」の焦燥感や緊張感は尋常でないほどに高まると思う。

私自身、TAC(資格予備校)に通っている以上、とって当たり前と親からも周囲からも思われていた日商簿記2級を受けたときが意外に大きなプレッシャーがあったのを今でも覚えている。

それを考えると受かったときの喜びの度合は、高いレベルのものよりも周囲の当然の期待が強いものの方が、はるかに喜びとして実感すると私は考えるのだ。


そして実は今回も簿記2級のときと同じような感覚が胸を掻き毟っている。TACでの先生の余裕たっぷりの態度、学費を出資してもらった両親への自分なりの責任も重なり、いっそう何が何でも受からなくてはならない、義務であるかのように自分を追いこんできたつもりだ。



合格率15%



明日ばかりは100人中85人を蹴落としてでも上にいく必要がある。


「絶対に負けられない戦いがそこにある」


このサッカー日本代表のキャッチコピーが身にしみる試験前日の正午でした。




さらばTAC

ようやくTACの宅建の最後の講義が終了した。

後は試験(今月15日)に備えるだけ。残りの時間もひたすら力が落ちないようにしないと!!

TACには簿記2級からお世話になってるのでかれこれ1年半くらい経過したのかな。いやいや、ホントによく勉強した…。ってか疲れた。これでおそらく学生時代にはTACにお世話になることはないだろう。

今日ぼんやりと取った資格のトータル勉強時間どれくらいになるんやろ?って考えてた(宅建はまだ未取得やけど…)

まあ確実にいえることは


簿記3級<簿記2級<宅建<<<<<<<<簿記1級


てな感じかな。

で、実際取得するのに必要な目安の勉強時間を様々なソースから調べてみた(個人差あり・あくまで合格レベルに到達するには)

日商簿記3級     50~80時間
日商簿記2級     100~200時間
宅地建物取引主任者  200~350時間
日商簿記1級     600~800時間


やはり、ってか当たり前やけど、難易度に比例して勉強時間も増えるのね…。まあ単純に時間かけたら受かるってもんでもないけどな。資格は。

なんか勉強が生活のリズム化してきている今日この頃。宅建を無事突破したら次も何か目指そうかな…。

今興味があるのは「ビジネス実務法務検定」
宅建を勉強してたら法律に興味が沸いたし、勉強してみたいなあと思ってる。


でも、卒論がなあ…(泣


発狂しそう!

簿記の時もそうやったけど、やはり勉強時間が長くなるといつも発狂したくなる自分がいます(笑

宅建の試験まであと約1ヶ月の辛抱…。


なんとか合格を勝ち取ってスムーズに社会人を迎えたいなあ…。

とまあ単なる愚痴の日記でございまする。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。